予防歯科

8 月 3rd, 2009 | By admin | Category: 予防

歯科における予防とは大きく分けてむし歯予防と歯周病予防があります。これらの原因は共にプラーク(歯垢)です。どんなに高額な治療をしたり、きれいな歯にしてもこの予防歯科を実施しなければ何の意味もありません。このプラークや歯石を歯や歯肉に付着させないように予防し、付着している場合は除去しコントロールしていくことが必要です。

この予防とはただ歯ブラシを完全にしておけば大丈夫だと考えられているようですが、被せ物や詰め物などのちょっとした形態の違いにより歯周病やむし歯、顎関節症などになりやすかったりしますので、歯科医師による専門的なチェックや修正が必要です。これを行うことにより予防効果が大きく違ってきます。

これらのチェックや修正をした後は定期健診による、継続したメインテナンスをして行きます。これにより早期発見・早期治療が行えますので、歯を健康に保つためにはやはり必要です。

Comments are closed.